未分類

栗の美容効果がスゴイ!食べ方や栄養や効能を調べてみた!

皆さん、もう秋ですね。

食欲の秋というだけあって、秋には美味しい食べ物が沢山ありますが、

皆さんは何が一番好きですか?

私は秋の食べ物で栗が一番好きです。美味しいですよね。

この間、栗を食べてる時ふと気になったのですが、

栗の栄養や美容効果ってあるのでしょうか?調べてみることにしました。

 

栗の栄養は?

栗の主な成分はデンプンで、カロリーは果実類の中で一番高いそうですね。

少量で効率よくエネルギーをとることができるそうです。

栗には、たんぱく質、ビタミンA、B1、B2、C、カリウムなどが豊富に含まれており、

植物繊維はさつまいもよりも多く取れるそうです。

ミネラル類も豊富に含まれているということなので、栗はとても栄養価の高い食べ物なのですね。

しかも、あの渋~い栗の皮には、ポリフェノールの一種であるタンニンというものが沢山

含まれているんですって。タンニンは抗酸化作用が高くガンの予防などに役立つそうです。

 

栗の効能は?

そんな栄養価の高い栗には、色々な健康効果があります。

どんな効果かというと、

・免疫力アップ効果

栗にはビタミンC、ビタミンAが含まれています。

ビタミンCはたんぱく質を作ってくれ、ウイルスの増殖を阻止する成分を生成する

効果があるそうです。

ビタミンAは、血管を強化し、気管支の粘膜を正常に保ってくれるので、ウイルスの侵入を

阻止するのに非常に役立つそうです。

・高血圧の予防

高血圧になる原因は、塩分の摂りすぎです。栗に含まれてるカリウムには、塩分を体外に

排出させ、血圧を下げてくれる効果があるということです。

・便秘解消

先ほども書きましたが、栗には、さつまいも以上に植物繊維が豊富に含まれているので、

もちろん便秘解消にも役立つということですね。

・糖尿病の対策や予防

ブドウ糖や糖質を摂りすぎてしまうと糖尿病を引き起こす可能性が高くなります。

栗に含まれるビタミンB1は糖質の分解や代謝を助けてくれる働きがあるそうです。

・心臓病や貧血の予防

栗には、妊婦さんにとって大切な葉酸も含まれているそうです。

葉酸は妊娠1か月~3か月くらいまでの間に多めに摂取すれば胎児の先天性奇形の予防に

スポンサーリンク


効果があると聞いた事ありますよね。

アメリカの大学の研究で葉酸で子宮頸がんの発生率が低下したとの結果も出ているそうです。

また葉酸は正常に赤血球を作る働きがあるので貧血予防にもなるという事です。

 

それ以外に栗に含まれるビタミンB12は葉酸との相乗効果で、ホモシステインの血中濃度を下げて

くれる作用があるので、心臓病の予防にも効果的だということですね。

栗って本当に様々な効果があるのですね。

私も少し貧血気味なので、好きなモノを食べて貧血予防ができるのは嬉しい限りです。

 

栗の美容効果は?

栗の渋皮に含まれる、ポリフェノールの一種であるタンニンには、強力な抗酸化作用が

あるそうです。ポリフェノールには活性酸素を抑える働きがあり、老化防止に大いに役立ちます。

タンニンはガン予防や生活習慣病の他にも、美白効果や毛穴を引き締める効果もあるそうです。

栗を食べる時は、渋皮も一緒に食べると効果は倍増ですが、タンニンは摂りすぎると、鉄分の吸収が

悪くなるそうです。皮は渋いので、食べ過ぎることはないと思いますが、摂りすぎに注意しましょう。

それ以外にも、シミ・そばかすに効果のあるビタミンCや、

肌の新陳代謝を整えてくれる、ビタミンB1や、

細胞の成長を促し、ニキビ予防や改善に役立つビタミンB2、

免疫を高め、肌荒れを改善してくれるビタミンB6も含まれています。

栗って小さいのに、こんなにも栄養素が含まれているって、改めてすごいですよね。

お肌だけでなく、栗には亜鉛も含まれているので、抜け毛が減ったり、髪に艶を与える

効果も期待できるそうです。

今まで何気なく食べていた栗ですが、こんな効果があったなんて栗に感謝です。

 

栗の食べ方

最後に、栗の食べ方ですが、私はいつも茹でて包丁で2つに割りスプーンで

食べるオーソドックスな食べ方です。

鍋に栗が浸かるぐらいの水と塩を適当にいれて、水が沸騰したら、

弱火で40分~50分くらい茹でると出来上がりです。

茹でる時の注意点は栗が踊らないようにすることです。

お料理クック好きな方は、パッドなんかで調べて色々なレシピに

挑戦してみて下さいね~!

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 

スポンサーリンク


-未分類