芸能

たつじい(竜じい)の病気は?ネタやギャグ動画を調べてみた!

2016/11/19

吉本新喜劇でお馴染みの、竜じいこと井上竜夫さんが、74歳でお亡くなりになられました。

長年、吉本新喜劇で見てきた方が亡くなられるのは、とても寂しい気持ちですが、

一緒に新喜劇で出演していたメンバーの方は、きっともっと悲しいですよね。

 

竜じいの病気は?

竜じいは、2014年から体調不良のため新喜劇は出演していなかったそうですが、

病名は、肺気腫だという事です。

肺気腫って良く聞くので、病名はわかるのですが症状とか詳しくは知らないので、

調べてみました。

肺気腫は、閉寒性肺疾患の一種て書いてますね。

賢すぎる私には、意味不明な言葉です。笑

肺気腫って一般的に治らない病気だそうですね。

でも先生に、そんなん言われてたら、やる気無くすわ~(´;ω;`)

一生、肺気腫と付き合っていかなあかんって事ですからね。

なんか、肺がスカスカになるとか書いてるし、肺がスカスカってどんな状態?

肺細胞、破壊されるって書いてるし。考えただけだ怖いですよね。

中年以降の発症率が高く、1番の原因はタバコらしい、大気汚染とかも原因になるみたいだけど、

ヘビースモーカーとかはなりやすいみたいですね。

竜じい、タバコ吸ってたんかな?

タバコ吸ってる人全員がなる病気ではないですが、百害あって一利なしって

言うぐらいなので吸わない方が良いですよね。

体に良いタバコあれば良いのに、吸えば吸うほど健康になれるタバコ!

スポンサーリンク


そんなんあったら私も吸いたいな~誰か発明して欲しいです。笑

スポンサーリンク


肺気腫の症状は?

肺気腫の症状は、咳やタン、息切れ、動機、むくみ、喘鳴、食欲不振など、

これらの症状が常時、現れるそうです。常にこの症状は辛いですよね。

末期になると息が出来なくなり、窒息状態になるそうです。

これが、想像を絶するほど苦しいらしいという事ですが、

竜じいも、高度肺気腫で酸素ボンベ常用していたそうですから、

こんな苦しみと戦っていたのかと考えると、胸が痛いですよね。

本当に、健康って一番大事だとつくづく思います。

 

竜じいのネタやギャグは?

新喜劇では、いつも優しそうなおじいちゃんの役で、

「おじゃましまんにゃわ~」のギャグで登場して

皆コケるというくだりで笑いとっていましたよね。

動画ありました、これですね。

他は、寝たふりをして「寝んな!」って突っ込まれた後に、

「三途の川や~」「きれいなお花畑やったな~」というネタ。

ほんまに逝ってもたら、誰も突っ込めやんやん。

74歳で三途の川渡るのは、まだ早いですよ、竜じい。

また竜じいの出ている、新喜劇を見たかったな。

寂しいけど、天国でゆっくり休んでください。

 

最後まで、お読み頂き誠にありがとうございました。

スポンサーリンク


-芸能